敦子さんの所に通う様になって半年が過ぎた頃、
私と敦子さんはとても親しい関係になっていた。

時々は店の外で逢う約束をしてプライベートなデートを楽しむ事もあったし、
敦子さんの独り暮らしのマンションを訪ねる事もあった。

しかし、だからと言って店にいかなくなってしまったかと言うとそうではない。
きちんとお金を払い、敦子さんのサービスを受ける為、足しげく店にも通った。

敦子さんのプライベートを邪魔して迷惑を掛けたくなかったし、
なにより薄暗い明かりが灯る店の部屋で敦子さんのから受ける性的なサービスがとても気に入っていたのだ。

そんなある日、私と敦子さんはちょっとした賭けをした。
賭け自体は極、平凡な野球の試合の勝ち負けだったが、
賭けに負けると相手の要求に100%従わなければならないと言う、
今で言う王様ゲームの様なものだ。

その日の賭けは私が勝った。
敦子さんは「なんでも好きなことさせてあげる」と言ってくれた。

「じゃあ、敦子さんの手料理が食べたい」
敦子さんは拍子抜けした様にきょとんとしていたが、その後で私はこう付け加えた。

「僕が敦子さんのマンションに行くから、その時、敦子さんは一糸まとわぬ姿にエプロンだけ付けてお出迎えしてね」と言った。
敦子さんは少し驚いた様子だったが、「まあ、エッチねェ」と言って笑った。


約束の日、敦子さんのマンションのベルを押した。
「はーいどうぞ!」インターホンから声が聞こえ、ガチャガチャと鍵を開ける音がした。

玄関を開けると、「早くしめて!しめて!」と敦子さんが焦った声で言う。
前を見ると約束どうりフリルの付いた白いエプロンだけを身に着けた敦子さんが立っていた。玄関を締めロックすると、敦子さんは「どう!」と言ってくるりと一周回った。

白いエプロンのフリルがふわりとまくれ上がり、敦子さんの黒い陰毛がチラリと覗いた。上半身は、たわわな乳房がエプロンからはみ出し、少し黒ずんだ乳首が白い布地に透けて見える。後ろはもっと無防備で卵を二つ並べたような、形の良いお尻が丸出になっていた。

私は敦子さんを見つめながら
「敦子さんの肌、綺麗だね」と言った。
「お世辞でも嬉しいわ」
「お世辞じゃないよ!本当だよ・・それに・・とってもエッチだし」
「○○君の言う通りにしたのよ」
そう言いながら敦子さんはエプロンの裾をヒラヒラとめくって見せた。
敦子さんの陰毛が再び見え隠れする。お店ではよく見ているはずなのに、場所が異なると何か新鮮に感じてドキリとしてしまう。

私が訪れた時刻は食事の準備が「あと少しで終わる」と言う所だったらしく、
敦子さんは「先にシャワー浴びてきて」と言った。

シャワーを浴び終え、洗面所の棚を見ると真新しい男物のトランクスとシャツ
それにパジャマが置いてあった。
敦子さんが私の為に用意してくれたものだ。
キッチンの方から「サイズ合うかしら?」と言う声が聞こえた。
こまごまと気を使ってくれるのも敦子さんの魅力だが、
こうして、肌着やパジャマまで用意してもらうと、
何か本当に帰省した一人息子にでもなった気分だっだ。

テーブルに着くと、「手料理」と言う私のリクエスト応えて、肉じゃがや手作りコロッケ、厚焼き玉子やじゃがいもサラダなどといった家庭的な料理が並んでいた。

私が座ろうとすると、敦子さんは「並んで座ろうか」と言った。
私達は太ももが触れる位に密着して座った。

「ビール飲む?」敦子さんがビールを注いでくれる。
私も敦子さんもそれ程お酒は強くない方なので、すぐにほろ酔い加減になってしまう。

「私ね、さっき一人で変な気分になっちゃた」
と酔いが回りはじめた敦子さんが言う。
「だって、○○君がもうすぐ来る時間だなぁって思ってエプロンつけなきゃと思って、服を脱ぎ始めたら、なんか、一人でエッチな恰好している自分が変態みたいに思えてきちゃって・・」
「私って、本当はとてもいやらしい女なのかも・・なんて思っちゃって・・」
そう言った敦子さん目が何処となくとろんとしてきた。


「お仕事で、もうエッチな事は飽き飽きと思っていたけど・・
プライベートではまた違うのかもね・・」
「本当は今日は○○君の言う事に従う日なんだけど・・後で、なんでも言う事きくから・・○○君の奴隷になってあげるから・・」
そう言って敦子さんの右手が私の股間を弄りはじめる。

「夜は長いんだし、今日は泊まっていくんだし・・」
「ねえ・・いい・・欲しくなっちゃた」

そう言って、敦子さんは私のパジャマのズボンの中に手を入れてきた。

トランクスの中に敦子さんの手が入ってきて、私の一物を握る。
みるみるうちに、一物は固くなり反り返り始めた。
敦子さんは私を立ち上がらせると、
母親が小さい子供にする様に上下のパジャマとトランクスを脱がせた。

敦子さんの顔の前には私の一物がそそり立ち、ビクンビクンと脈打ち、
先端は分泌液で濡れて艶々に光っている。

敦子さんはゴクリと唾を飲み込んで、私の一物を凝視していたが、
くるりと向きを変え私に背中を向けるとキッチンのシンクの前に立った。
そして「一度後ろから犯されてみたいと思って・・」と言い、少しつま先立ちになり、自分の両手でお尻の肉を左右に開いた。

肛門まで丸出しなった敦子さんのお尻の肉の下の方に一物の先端を滑り込ませると、愛液で濡れた淫乱な膣孔がスッとそれを飲み込んでしまった。

「ああっ・・」

シンクと私の一物に挟まれ串刺しの様になった敦子さんに逃げ場はない。
私は腰を前へ突き出し、深く敦子さんに挿入した。

「・・」

敦子さんも深く一物を受け入れようとお尻を密着させる。
その腰を両手で押さえ、激しく突き始めた。

「あっ・・あっ・・」

白いエプロンのフリルが揺れる。まるでどこかの奥さんを台所で犯している様な錯覚に囚われる。
いや、むしろ私と敦子さんの年齢差を考えると、帰省した息子が内緒で母親を犯していると言った方がよいかもしれない。そんな妄想が私の頭を駆け巡る。

「もっと激しく突いて・・ママをめちゃくちゃにして・・」
「どうなってもいいの・・どんな事でもするから・・」

速く執拗に何回も何回も敦子さんを突く、敦子さんの荒い息遣いがキッチンの蛍光灯の下に響く。小刻みな腰の動きは棚の瀬戸物を揺らしカチャカチャと音をたてている。

「突いて・・もっと突いて・・ママいきそうよ・・」

敦子さんが頂点を迎えそうなる、幸な事に私にもその瞬間が同時に訪れようとしている。

「ママ僕も・・いっちゃうよ・・」
「○○君、ママと一緒に・・いっしょに・・いくのよ」

私は敦子さんの子宮に精液が侵入していく様をイメージしながら、思いきり内部に射精した。
一物の先端が敦子さんの体の中でビクンビクンと動き粘液質の精液を吐き出す。

「あっ・・ああっ」

敦子さんの押し殺した様な嗚咽が聞こえる。
抗いがたい甘い快楽の波が全身を支配する。

刹那的な快楽と背徳の幻想が私と敦子さん包み込む。
敦子さんにも私にも長い沈黙のエクスタシーが続いた。
1分、2分、私達はシンクの前で結合したまま立ち尽くし静止した時の狭間を愉しんだ。

しばらくすると、
「よかった・・久々に気持ちよかった・・」
敦子さんが独り言の様に小さく呟いた。
私たちは、尚も結合したまま口づけを交わした。

もし、この小説が気に入って頂けたら応援のポチっお願いします。

官能小説ランキング